口内環境を整える洗浄剤

歯ブラシ

ナチュラル成分がたくさん

歯磨き粉の役割は口の中や歯をきれいにして清潔に保つことです。歯ブラシとセットで使うのがポピュラーになりますが、歯磨き粉にもたくさんの成分が配合されています。効果もそれぞれの製品によって変わっていくのが特徴です。合成界面活性剤という化学的に作られた発泡成分があります。とても洗浄力が強くて歯石や舌の汚れをスッキリ落としてくれるのが大きなポイントです。メリットとそうでないところはありますが、歯石が気になる方に合成界面活性剤配合の歯磨き粉が役立ちます。口臭の原因はたくさんありますが、歯の黄ばみや舌の汚れ、虫歯あたりです。一番多い理由は歯磨きが不足していたり歯石がしっかりと付いてしまったりしていることになります。口臭が気になるときは歯ブラシと合成界面活性剤入りの歯磨き粉を用意して、きちんと磨いていくことです。発泡剤や洗浄成分は臭いの原因になる菌や汚れを落としてくれますが、消臭の理由にはなりません。歯磨き粉に配合してあるナチュラルな成分の中に、不快な口臭をクリアにしてくれる物があります。代表例が「渋がきエキス」や「プロポリス」、「乳酸菌」などです。それら三つは口内環境を整えてくれたり、雑菌や虫歯菌が増えないようにサポートしてくれたりします。特にプロポリスはとても強い抗菌力や殺菌効果があるため、口臭をとても強く抑えるのがポイントです。歯磨き粉に配合してあるとすごく心強いと言えますから、口臭に悩む方には便利なプロポリスになります。